市販の白髪染めの種類

自宅で市販の白髪染めを使って白髪染めをするという時、どうしても迷ってしまうのが、どの白髪染めを使うと良いかということです。

たくさんの白髪染めがある上、どのような種類に分けられるかということも、たくさんあるので、とても難しいですよね。

白髪染めの種類は、いくつかに分けることができます。

ヘアカラータイプ、ヘアマニキュアタイプ、一時染めの場合、シャンプータイプの白髪染めなどです。

まずヘアカラータイプの白髪染めですが、これは最も多くの方が使っているものとなっています。

ヘアカラータイプの白髪染めの中には、クリームタイプ、泡タイプ、ジェルタイプ、液状タイプなど、白髪染めの状態によって、また種類分けをすることができます。

ヘアカラータイプの白髪染めは、比較的使いやすく、安定して使えて効果が長い一方で、髪へのダメージも大きいという短所もあります。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、クリームや泡になっているものが多く、髪へのダメージは少ないものになっています。

ただ、色持ちが短く効き目も短いので、こまめに使う必要があります。

ただ、敏感肌や髪のダメージが気になる方には、おすすめといえるでしょう。

その他、白髪染めをしたけれど、髪が伸びてきたので白髪が出てきてしまったという時には、スプレーやスティックタイプになっている一時染めを使ったり、毎日のシャンプーで徐々に白髪染めをして行けるシャンプータイプの白髪染めを使ったりすると良いでしょう。